ユートピア倶楽部とは

(1)ユートピア倶楽部の役割とは
「ユートピア館」に居住する「幸齢者」が日本一幸福だと感じる為の組織です。
「ユートピア館」内での生活を快適に過ごすために、緩やかなルールを作ります。

私は、三井物産㈱の独身寮(府中)に5年間住んでいました。
6畳の個室があり、食堂と談話スペースがあり、青年時代の良き思い出となっています。
すばらしい仲間と一緒に過ごしたときが懐かしい思い出となっています。
若い頃ですから、お互いに利害がありません。それが良かったと言えます。
この体験を高齢者向けシェアハウスにも応用できると思っています。

一方で、私が住むライオンズシティ池袋の理事長経験も4年あります。
私の住む思いは1つです。
「自分の財産は自分で守ろう」です。
その思いが伝わり、今でも毎月理事会を行い、築20年のマンションですが、管理状態はとても良好です。

この経験も、「ユートピア館」に活かそうと思っています。
「ユートピア館」の居住者は賃借人ですが、自分たちの住まいは自分たちで管理運営し、
快適な生活を過ごしていくという考え方です。

(2)ユートピア倶楽部は互助会組織
①居住者による管理運営。その為の管理組合(ユートピア倶楽部)を置く。


②入居者が、「ユートピア館」の共同管理運営により、お互いのコミュニケーションを深め、お互いに助け合うことで、心身共に元気な晩年を送る。

③食材の買い出し、炊事、食事、建物の維持管理を共同で行うことで、仲間意識の醸成をはかる
④食材費用+建物の維持管理消耗品の共同管理の口座開設
。但し、実際には「ユートピア館」内に手提げ金庫を購入し、会計担当が管理する。剰余金が出たら、銀行に預ける。
※上記費用は月額一人5万円程度
※水道、光熱費、通信費等は別途負担。

 ※ 第1期は、女性だけのシェアハウスを計画し、その後軌道に乗れば、男女同居のシェアハウスも検討していきます。

⑤地域社会との接点(幼保育園、小学校、町内活動、防災活動等)を持つことで、親睦を図る

⑥趣味、ボランティア、仕事等を一緒にやることで、更に親睦を図る。
⑦入居者の誕生会を皆で祝い、喜びを共有する。自分は孤独でない幸福を確認する


(3)
ユートピア倶楽部運営のための理事会
①理事の選出
「ユートピア館」居住者は、全員が組合員となる。その中から理事を選出する。
役員は、理事長、副理事長、会計、監査の4名
※「ユートピア館」スタート時は4名のシェアハウスなので、全員ユートピア倶楽部の理事となります。

②理事会の運営
私がライオンズシティ池袋で理事会の運営経験がありますので、それを伝えていきたいと思います。

(4)ユートピア倶楽部のルール
①絶対禁煙
 健康上の問題と、万一火災が起きたら居住者の生命と、「ユートピア館」の施設に重大な影響を与えます。
よって、入居前に、個室でも共用スペースでも、「ユートピア館」外でも一切禁煙の旨説明し、絶対禁煙に同意して頂いた方のみを「ユートピア館」の住民として迎えます。
 入居後、喫煙が発覚した場合には、ユートピア倶楽部の理事会から厳重注意して、禁煙の決意を確認します。もし、2度目が発覚したら、「ユートピア館」から退去して頂きます。

②ペット
 原則ノーです。但し、理事会で全一致で賛成した場合、ペット飼育ルールをNPO生涯現役推進協会に申請し、許可を得た上で、ペット飼育を認めます。

(5)医療、介護関連
病気になった場合、近所で安心できる医院を紹介します。
「ユートピア館」の居住者は、全員健常者です。しかし、いずれ要介護になることも想定しておく必要があります。
万一、要介護となった場合には、介護付き老人ホームへの紹介、斡旋等はユートピア建設で行っていきます。

(6)相続関連
ユートピア建設で、提携弁護士を紹介します。

(7)終の棲家としての「ユートピア館」
人間は誰でも必ず死にます。
死は悲しいものではありません。
この世とのお別れです。あの世への旅立ちです。
この世での数十年間の生活に「ご苦労様です。」とねぎらってあげて、あの世への旅立ちを祝福してあげましょう。

葬儀は、居住者が行います。そのサポートは、ユートピア建設で行います。
葬儀費用は最低限で良いと思っています。大切なのはその中身です。
豪華な葬儀より、居住者が心からねぎらってあげた方が安らかに眠ることができます。
葬儀費用150万円。
葬儀保険に加入し、葬儀に備えます。


ブログお問い合わせ
ミッション(使命感) 事業コンセプト 「ユートピア館」 施設概要
私の人生の思い全てが
このミッションに込められています
この世とあの世を貫く幸福の追求 1.安心して住める耐震補強
2.安心して飲めるおいしい飲料水
3.環境に優しい設計、施工
ユートピア倶楽部 NPO生涯現役推進協会
ユートピア建設
日本一幸福な
自立型「幸齢者」向けシェアハウスを目指します。
本事業の推進母体です 本事業の実行部門です。
1万棟の施設を目指します!