あなたの会社を年商10億円企業に成長させる 富、無限大コンサルタント 最勝の経営参謀役 菅谷信雄

   年商1000億円の東証一部上場企業をゼロから立ち上げた男が                          ベンチャー企業成功の秘訣をお伝えします!!
マーキュリーグループの概要
 
3つのコンサルタント業務 
 経営コンサルタント
 空き家問題解決コンサルタント
 マンション管理コンサルタント
富、無限大コンサルタント      菅谷信雄プロフィール
 
homeお問い合わせサイトマップ



 


年商10億円企業 10社輩出プロジェクト 推進中!



◆1本目の矢→MVP経営の確立と事業計画作成

MVPとはmission,vision,passionの略

Mission:使命感が大きければ大きいほど会社は成長していきます

Vision:使命感をベースに、具体的にどのような道筋で会社を成長発展させていくのか、そのビジョンを明確にすることが企業成長の原動力です。

Passion: ミッション、ビジョンがあるから会社を成長させようとするパッションが働いてきます。

MVPをベースに事業計画を策定します。その時、年商10億円達成の時期を明確にします。10億円達成の時期を明確にすることで、実現の可能性がぐんと引き寄せられます。

 
◆2本目の矢→戦略的マーケティング導入による売上倍増

●世界から多数の企業が中国に進出しています。
一番撤退が多いのが日本企業です。
その最大の原因は
マーケティング戦略の欠如と言われています。


 

◆3本目の矢→営業力強化による売上倍増

中小・ベンチャー企業で弱いのが営業力です。営業力倍増を目指し、OJToff JTで徹底強化します。

●起業後、創業1年後で約30%が消滅し、5年で60%が消滅、そして10年後に75%が消滅、つまり生存率は約25%にしか過ぎません。事業失敗の最大の理由は、営業力が弱かったことです。

★詳細は年商10億円企業10社限定輩出プロジェクトをご覧下さい!

お問合せはこちらをクリックしてください。

中小・ベンチャー企業経営者経営力強化コース スタート

富、無限大コンサルタントト 最勝の経営参謀役 菅谷信雄が長年の経験と実績で、中小・ベンチャー企業の経営者の経営力を強力にサポートします。
下記カリキュラムに従い、各企業の実態に合わせ、個別に経営強化していきます。

1日目 決算書類を基にした自社の課題発見と課題解決

自社の決算書類を通じ、経営課題の把握及び経営者としてどのように対処していくのか具体的に把握する
※会社の数字が読めないと、最悪会社をつぶしてしまうこともあります!

1.重要勘定科目

(1)現預金残高

(2)売掛金

(3)在庫

2.その他勘定

(1)仮勘定

(2)未払い金

3.損益面

(1)直接経費と間接経費の考え方

(2)3つの損益の理解

(3)損益分岐点の把握

第2日目 年間計画を立てる

計画を立てるところから会社の成長が始まる

1.利益計画

2.資金繰りの重要性:月単位の資金繰り計画を立て、絶えず見直す

第3日目 マーケティング力の強化

マーケティングとは市場と対話しながら売れる仕組みを創ること
マーケティング戦略がない中小企業も多いです。
利益計画実現のためにはマーケティング戦略が不可欠

★マーケティングとは4Pの最適化:マーケティングミックス
1番目のP(Product):製品
2番目のP(Price):価格設定
3番目のP(Place):販売チャネル政策
4番目のP(Promotion):販売促進


★マーケティング戦略:STPの最適化
S(Segmentation):市場細分化
T(Targeting)::標的市場の絞り込み
P(Positioning):製品のポジショニング


★マーケティングミックスとマーケティング戦略を経営者と一緒に創っていきます

第4日目 管理会計の重要性

管理会計はマネジメントの原点

1.目標達成の為の経営課題の把握と対策&実行

2.プロセス・チェンジ

3.PDCAサイクルを回す

第5日目 与信管理の重要性

与信管理を甘く見ると倒産する!

1.売りの与信

2.買いの与信

第6日目 各企業の特有の問題の把握及び解決

各企業には特有の問題があります。それを菅谷信雄の長年の経験により解決策を図っていきます。


◆コンサルティング内容&報酬
上記は、コンサルティング内容の標準コースですが、
企業の事情に応じ、個別相談に応じます。
初回2時間程度の無料相談に応じます。
その上で、双方合意の下で3ヶ月間コンサルティング契約を締結します。
※業種、業界を問いません。お気軽にお問い合わせください。
※コンサルティング内容に満足できない場合には、中途解約可能です。

(もしもしホットライン創業時の私)

 

 

私は1987年6月、三井物産在籍中にテレマーケティングの新会社もしもしホットライン(現りらいあコミュニケーションズ梶jの創業メンバーとして事業に参画しました。

最初は1人で事業計画、資金集め、就業規則の策定、給与体系、組織構築等全て行っていました。
その後、メンバーが加わり、7人で創業しました。
そんな
もしもしホットラインも、現在年商約1000億円、従業員2万5千人の東証一部企業に成長しました。

それ以来約30年200社200名以上の中小・ベンチャー企業の経営者と様々な形でビジネスを展開してきました。

ベンチャー企業への出資、資金調達、共同事業展開、コンサルタント業務、新規販路の開拓、研修等実に多種多様多岐に及んでいます。

数多くの成功と失敗を経験してきました。

それらの成功体験と失敗体験がきっと皆様のお役に立つことと確信しています。

なぜなら、どういう場合に成功するか、失敗するかを身をもって経験したからです。

資本金 998百万円(創業時405百万円)
設立年月日 1987年6月23日
売上高 2016年3月期815億円(初年度2.2億円)
本社所在地 東京都渋谷区代々木2−6−5
主要株主 三井物産
代表取締役 中込 純<三井物産から転籍>
従業員数 約2万名(パートタイマーを含む)
事業所 全国に約30カ所

その経験を活かし、
新規販路開拓が得意な経営コンサルタントとして、中小・ベンチャー企業のお役に立ち、中小・ベンチャー企業を成功させることで、元気で活力ある明るい日本を創る手助けになればと思い、中小・ベンチャー企業を支援しています。

このホームページは、中小・ベンチャー企業の経営者であるあなたの会社を年商10億円企業に成長させる富、無限大コンサルタントト菅谷信雄の30年に及ぶベンチャー起業家人生の凝縮版です。

Copyright(C) 2009 . All Rights Reserved.